JNAネイリスト資格1級に合格するには

JNAのネイリスト資格の1級を取得しているという事は、とりもなおさず日本のトップクラスネイリストの仲間入りを果たすというい意味になります。
試験自体は50点中38点以上を獲得すれば条件は満たされるのですが、試験の前に受験資格を有するかどうかを事前審査で計られます。
その時点で不適切と判断された場合には受験資格を失う事になりますが、そうなってしまう受験者は滅多にいないとの事です。
どちらにしても、3級〜2級と取得してからでないと受験する事は出来ません。

 

そこまで一生懸命取り組んできた方ならば、余程のミスが無い限りは受験資格を失ってしまう事はないと言えます。
試験は事前審査が始まる前にモデルと一緒に決められた席順に着席している必要があります。

 

モデルを受験者側で依頼するなどの用意をしなければならないのは3級や2級試験と変わりません。
実技試験の内容はテーブルセッティングから消毒管理、さらにモデルの爪の状況、チップの状態などを見て行くことになります。

 

そこから、実際の施術に入るのですが、そこでは以下の10項目を見ることになります。

 

  • スタイリング
  • ハイポイントの位置
  • フリーエッジの長さ
  • ストレスポイントから反対側までの厚みの均一性
  • 強度および耐久性
  • Cカーブが20パーセントから30パーセントであるかどうか 
  • キューティクルラインのスムーズさ
  • 表面の仕上がり、チップの装着状態
  • イクステンション
  • ミックスメディアアート

 

これらすべての項目の中で、38点以上を獲得する事が求められます。

 

JNAの1級ネイリストは国際的なネイリストの競技会にも出る事が出来るほどの実力を持っている事と同列に扱われる事になり、あなたが歩んで来た様に、これからネイリストとしての1本立ちを目指す後進の子達にとっては憧れの対象になるのです。

 

全力を発揮できる状態を整えてネイルの1級資格を合格できるように頑張ってくださいね。