ネイリストの衛生管理士ってどんな資格?就職に有利になるの?

ネイルの技術を身につけ、その技術を実際の現場で活かす為には、資格を取得する必要があります。

 

この試験に挑戦し合格すれば、より専門的なネイルについての技術を身に付けている事の証明にもなります。

 

そのため、ネイリストになるためには、この資格を取得する事が必要ですが、
ネイリストとしての基礎的な知識に加え、安全性にも配慮したネイルの施術を行う為には、
衛生管理という点にも配慮する必要があるからです。

 

ネイリストになるためには、爪の各部の役割や構造を覚える事も必要で、
ケアの方法を学び、ネイルアートに関連するチップやジェルの活用法も学ぶ必要があるのです。

 

これらネイルに関連する知識と技術を身に付けた上で、
ネイルサロンの現場で必要となる衛生管理の技術も習得する必要があります。

 

これには専門的な管理士としての資格があり、ネイルサロンにおける衛生管理による
一定の基準が制定されていおり、より安全性を重視した施術を行い、
安心してネイルのサービスを提供するには、衛生管理に関する知識を習得する事が不可欠なものとなるのです。

 

このネイルサロンの管理士としての資格を取得することで、より安全性に優れたサービスを提供出来る証となります。

 

そのため、ネイルサロン側としては、衛生管理資格を持っているネイリストを雇いたがる傾向にあります。

 

なぜかというと、ここ数年で急激に増えたネイルサロンの新規店舗の件数に比べて、圧倒的に認められた知識を実力を持っているネイリストが少ない状況にあるからです。

 

なので、カリスマネイリストを目指して少しでも高額なお給料を獲ることを目指すなら、ぜひ取っておきたいのがネイルの衛生管理者資格になるでしょう。

 

衛生管理士資格は、ネイリストになるために持っておくと便利な資格であることは前述のとおりです。

 

実際の資格試験は、日本ネイリスト協会(JNA)の認定する講義を受講して、筆記試験を合格した人に与えられる資格です。

 

ネイリスト資格試験のような実技試験はなく、ネイリスト資格を持っていなくても受験することが可能です。