ジェルネイルの資格に種類ってあるの?どのくらいで取れる?

ジェルネイルの資格にも種類があると聞いて『どういうこと?』と不思議に思っておられる方もいると思います。

 

今現在、日本国内でネイル資格を発行している団体が2つあります。

  • JNA(日本ネイリスト協会)
  • I-NAIL-A(インターナショナルネイリストアソシエーション)

この2つの団体がプロのネイリスト資格を発給しています。

 

JNAはジェルネイル資格が、初級・中級・上級の3種類で順番で
資格取得をするステップアップ方式になっています。

 

そして、もう一方のI-NAIL-Aもジェルネイル資格を発給しており、
3級・2級・1級とこちらもステップアップして行くようになっています。

 

どちらのジェルネイル資格も基本のネイルケアから、
実際にお客様にジェルネイルを施術する技術レベルを高める目的のクラス分けになっています。

 

JNAのジェルネイル資格も、I-NAIL-Aのジェルネイル技能検定も上級検定を受ける権利が
その一つ下のクラスのジェルネイル資格を取得していることが条件になっています。

 

このように1クラスずつステップアップするために練習も勉強も必要です。

 

しかしながら、一度ジェルネイル資格を取得してしまえば、資格の更新はなく
毎年、年単位での団体の会員であることを証明するディプロマ(証明書)が発行されます。

 

ディプロマは郵送で送られてくるのですが、受け取った後の資格開始日を
持ってネイル資格取得者として活動できるという仕組みです。

 

ジェルネイル資格が注目される人気の理由

美容関連の資格にも多くの種類がありますが、最近はジェルネイルの人気が高まっています。

 

そのためジェルネイル施術の技術を習得される方も急増しているのが現状です。

 

技術や知識を身につけておくとネイルサロンでの活躍はもちろん、
ファッション業界での活躍、さらにサロンを開業するなど様々な分野での活躍を期待することができます。

 

また、開業する場所によっては、一流モデルや有名芸能人が常連さんになってくれるケースも考えられます。

 

しかしながら、そういったお客様を失礼のないようにお客様としてネイルケアをする。
(こちらはプロとしてお金を受け取って仕事をする)
繊細な作業で優れた美的センスが必要で、女性にはぴったりの仕事といえるでしょう。

 

美容師は国家資格となっており、国家試験に合格しなければなることはできませんが、ジェルネイルは民間の資格となっています。

 

資格を取得していない場合でも仕事を行うことはできますが、
やはり取得しておくことは、その人の能力を示すのに役立ちますし、就職の際にも有利となります。

 

ジェルネイルの資格としては日本ネイリスト協会主催の検定があり、初級と上級があります。

 

爪に関する基本的な勉強はもちろん、技術も身につける必要があり、ネイルスクールなどで学んで受験することが多くなっています。

 

そのほかの種類としては海外にはネイルの国家資格もあり、海外ライセンスは日本人でも資格取得が可能です。

 

国家ライセンスは政府指定の学校を卒業する必要があるなどの条件もありますので、受験を検討されている方は詳細を調べてみるのもよいでしょう。