技術を自分のスキルとしてアピール

マニキュアに比べて耐久性があり、自由度も高いことから登場直後から大ブームになったジェルネイル。
今でも人気は衰えることを知らず、定番のオシャレになりました。

 

最近では安価で買えるジェルネイルキットも出ているので、自宅でもセルフでジェルネイルをする人が増えています。

 

そのために、ジェルネイル専用のネイリスト資格というものが登場しています。

 

ジェルネイル資格は、初級・中級・上級の3つのクラスに分けられています。

ジェルネイル資格初級の内容

日本ネイリスト協会(JNA)が定めるジェルネイル資格初級は、次のような要素が出来るかどうかを見られます。

  • ジェルネイルの施術に必要な知識や技術
  • そしてネイルケアのための基本的な道具の衛生面の管理やベーシックな技術と知識

となっています。

 

ネイルケアはマニキュアでも大切な要素ですが、
ジェルネイルの場合はマニキュアと違って持ちが良いので、
長期間爪の上に硬化したジェルが乗っている状態になるためです。

 

このように少しずつ着実に身に着けた技術や知識というのは、しっかり脳裏に刻み込まれて、どこのネイルサロンで働いていても、お客さんから信頼されて頼ってもらえる人気のジェルネイルアーティストになるんですね。

 

セルフでいろいろやっているうちに、友人にもやってあげたりして、本格的に技術を身につけたい、やがては仕事にしたいと考える人もいるのではないでしょうか。

 

実は、ネイルアーティストを名乗る分には、特別に資格などは必要ありません。

 

自己流で技術を身につけて、知り合いにやってあげる分には特に問題もなく、手頃なお小遣い稼ぎにはなるかもしれません。

 

しかし、趣味のお小遣い稼ぎを超えて、サロンに勤務するなり自宅でサロンを開業するなり、腰を据えてネイルを仕事にしたいなら、何らかの形で基礎から学んで、デザインや技術、道具の扱いや衛生的な知識を身につけ、資格を取ったほうが有利です。

 

資格はスクールや通信講座で学ぶことができます。

 

独学だとついつい自分の得意なことばかりやってしまったり、習得内容にムラができがちです。

 

疑問点も自力で解決しなければなりません。スクールや通信講座なら、そういった点もしっかりフォローしてもらえます。

 

普通に考えて、知らない人に施術してもらうとしたら、無資格者と資格所有者のどちらに頼みたいと思うかを考えたら、資格の有用性は明らかでしょう。