ジェルネイル初級資格の試験内容|お金と時間・取得までどのくらい?

このページでは、ジェルネイルの初級資格の試験内容とその内容になる理由。
そして、ジェルネイルの初級資格を取得するまでにどのくらいの時間やお金が掛かるのかと言ったところを詳しくまとめています。

 

公益財団法人の日本ネイリスト協会が2010年2月から実施している資格試験がジェルネイル技能検定試験の初級・中級・上級の3種の資格試験です。
試験の項目は次の通りになっています。

 

ネイルケア基本(35分)

  • 両手指10本の手指消毒、ポリッシュオフ、ファイリング、キューティクルクリーンまで。

 

インターバル(5分)

  • 前半の片付け、後半の準備、UVランプのチェック

 

実技試験後半(60分)

  1. 左手5本→ポリッシュカラーリング(赤)
  2. 右手5本→ジェルカラーリング(赤)
  3. 右手中指→ジェルカラーリングの赤に映えるジェルアート(ピーコック)

 

筆記試験(30分)

  • ネイルに関する基礎知識
  • 爪の構造、衛生管理、爪の病気とトラブルなど
  • ジェルネイルに関する基礎知識

 

と云うのがジェルネイル検定のそれぞれの項目ですね。

 

ちなみにジェルネイルはご存じの通り、爪とジェルの間に『すき間』が開いてしまって水分が入り込んだりすると、体温によって雑菌が繁殖しやすい環境で菌の温床になってしまいグリーンネイルと呼ばれる『爪カビ症状』が発生する事も考えられます。

 

そんな状態になってしまう不完全な施術を実際にサロンに来店されたお客様に施してしまっては訴訟問題になってしまいます。

 

そんなことが起こらないようにするネイルケア(甘皮処理が不十分だとネイル浮きが発生しやすい)などの問題にならないように基本的な衛生管理の知識や実技が身についている事が初級合格の条件なんですね。

 

ジェルネイル初級の資格試験の内容を見ていかがでしたか。

 

ちょっと厳しいように感じたかも知れませんが、それが必要な理由はジェルネイルを安全に楽しみ続けるためだったんですね。

 

では、どのくらいの時間が掛かるのか、お金は?と言った疑問について一緒に見て行きましょう。

ジェルネイルの初級資格に掛かる時間やお金

ジェルネイル初級資格に掛かる時間は、だいたいどのスクールや通信講座でも半年〜1年以内となっています。

 

この半年〜1年の間で、基礎的な技術と知識を身に着けるのですが、実はジェルネイルを安全に楽しみつづけたり、お客さんに施術してあげたりするには、基礎が一番大切なんです。

 

これは、少し大変に感じるかも知れませんが、ネイリストになるためには欠かせない道のりなんですね。

 

また、ジェルネイルの初級資格を取得するまでにかかるお金は、平均で40万円〜50万円と言われています。

 

これはスクールに通った場合の金額で通信講座の場合はもう少し安くなって、だいたい25万円〜30万円というのが目安になりますね。

 

このくらいのお金が掛かってしまうのは、ジェルネイルの初級資格取得のためだけにスクールや通信講座を受ける人がほとんどいないという理由もあるかと思います。