プロネイリストになれるホームネイルサロンの開業費用

ネイルアートは現代社会において女性の間でポピュラーになっているオシャレの一つです。

 

ネイリストとして働きたいと考えた場合、技術や知識を体系的に学ぶことが出来るスクールに通ってサロンに就職することになります。

 

ネイリストに役立つ資格としては、ネイリスト検定2・3級やJNAジェルネイル検定 初級といった資格があります。

 

自宅でネイルサロンを始める際に掛かる開業費用は、店として使う物件と店で使うテーブルや椅子などの他に、椅子施術ライトやネイルケア用品やジェル用品などが必要になります。
施術に使う用品と施術テーブルなどの費用は大体10万円から15万円の範囲が一般的ですね。

 

店として使う店舗を自宅に設置する場合は、リフォームという形で用意する人もいます。

 

内装費用も大切ですが、ネイルサロンに訪れるお客様は、そのサロンの空間に『癒し』を求めて来店してくださっていますので、
常に適温で空気がキレイな状態に保つための空調設備も整える事が出来れば理想的です。

 

その場合にはリフォーム費用として100万円以上必要である場合が多いですが、事業を続けていると賃貸物件を借りるよりも安く済むことがあります。
スクールに通う場合にはスクール費用も必要になってきます。

 

費用としては20万円から50万円ほどであり、スクールのコースによって違いがあります。
開業までの費用で圧縮可能な部分は、資格取得に掛かる費用を抑えるのがいちばん確実かも知れません。

 

通信講座もネイルサロン直営のスクール併設講座の場合は本格的なJNA認定講師による添削を受ける事が可能なので、
毎回の作品提出に緊張感を持って臨む事が出来るので、検定時の緊張感に負けない技術を身につける事も可能です。

 

そのような活きた添削を受ける事が出来る通信講座で合格できる確率を上げる事が出来るでしょう。
検定でいちばん問題になる事は、緊張感に負けて実力が充分に発揮できない事にほとんどの原因があるからです。

 

サロンの開業費用は規模によって大きく変わってきますので、十分にそれぞれの要素を考慮して業者に見積りをもらってから、実行していくと良いです。
仮にお金を借りて自宅でネイルサロンを開業するような場合は3年以内に借入額が回収できるような形が取れるのが理想的です。

 

【合わせて読みたい関連ページ】

好きなことを仕事にするのも楽な道ではありません。
ネイリスト以外の選択肢も考慮する可能性や資格やキャリアを磨く事も年収アップの方法です。