ネイルアーティストの魅力

ネイルアーティストの魅力

女性にとっては永遠のテーマでもある美の追究。それが最も表れるのが実は爪などの手先です。

 

スワロフスキーやストーンなどで飾っていなかったとしてもキレイに手入れされた爪はその人の人となりを表し所作まで変わってくるというもの。

 

自分自身がキレイになることはもちろん目指すところですが、そういった爪や手先のお手入れをしてあげる事で他人を笑顔にして上げたい。

 

自分自身も感謝されることで人生の新たな目標にもなる。そんなところがネイルアーティストの最大の魅力と言えるでしょうね。

 

もともとはアメリカのマニキュアリストが発祥のネイルアーティスト。なぜ日本ではこんなに目指す人が多い人気の職業になったのか。

 

それは、日本人である私たちの美意識が普段は目立たないところにこそ美が現れるというものだからではないでしょうか。

 

もともと日本人は大自然の石ころ一つ、草花一本をとってもすべてに神々が宿り、それに対して感謝と祈りを捧げるという考え方を持っています。

 

人が望むものを与えてあげられるようになる事に目的と意味を見出す。そんな日本人の慎ましやかな心持ちが形として現れたのがネイルの世界ではないかと管理人考えています。

 

そんな美の追究と表現が特別な大きな用具やシステムがなくても出来る。それがネイルアーティストを目指す人が急増している人気の理由と言えるでしょう。

 

極端な話かも知れませんが、最低限のネイルの部材と用具、テーブルと落ち着ける環境があれば、明日から自宅でネイルサロンを開業することも出来ます。

 

そして、自分のオリジナリティーの追究や美に対する取り組みをお客様と一緒に目指して行けるのですから、これほど魅力的な仕事はないのではないでしょうか。

 

ネイルアーティストの魅力はなかなか語り尽くせない部分や個人によって感じ方が違いますが、逆にそこがまた魅力とも言えます。

 

そして美の追究に終わりはありませんから、やる気さえあれば一生続けて行くことが出来る仕事であるところもネイルアーティストの魅力かも知れませんね。