ネイリスト資格を取得するための通信講座。その勉強内容は?

ネイリストになるのに是非取得しておきたい資格は2級資格が最低条件と言われています。

 

将来的にネイルサロンを独立開業するにしても人気ネイリストを目指すにしてもサロンでの実務経験はあった方が良いでしょう。

 

その時に履歴書など書類的にもそうですし、サロンのほとんどは面接の際に在籍ネイリストをモデルに使って実技を見せて下さいと要求されます。

 

そのためにも最低限の技術と知識は必要なので、資格は絶対ではありませんが取得したいものです。将来的なビジョンが描きやすくなるというのも資格取得のメリットですね。

 

では、ネイリスト資格の取得に向かって勉強する内容について紹介します。事前に知っておくことで不安を軽減できるならば、その方が良いですからね。

通信講座の勉強内容

ネイリストはキレイなネイルアートをできる技術と知識が必要なのはもちろんですが、もっと大切な基礎の部分としてネイルケア・ハンドケアを学ぶ必要があります。

 

JNA(日本ネイリスト協会)の技能検定も3級の内容が次のとおりなので、その内容に沿った勉強内容になります。

 

ネイルケアの基礎のマスターとジェルネイルを施術するために必要な基礎的知識と技術の修得

 

そうですつまり3級では、ネイリストになるための基礎をマスターしているかどうかが検定内容になっているんです。

 

その基礎をおろそかにしては資格取得は叶いません。さらに施術中にお客さんを不快な気持ちにさせないためのテーブルセッティングなども検定の内容になっています。

 

時間枠も決められているのである程度の手早さも求められることになります。

 

ハンドケアとして行われるハンドマッサージの行い方のポイントとそれを行ったことによる効果なども知識・実技の両面から学んで行くことになります。

 

キレイなネイルアートの技術などは、基礎が出来た上で学んで行くことになるので、そこに行きたいという気持ちは理解できますが少し我慢が必要です。