ネイリストとして独立を目指すには

ネイリストとして独立またはフリーランスでどこからもお呼びがかかるような一流ネイリストとして独立するには最低でも5年は必要であると言われています。

 

また、ネイル業界は顧客の弱年齢層化が進んでいる業界なので、同じだけの経験値がある方なら年上の方よりも年下の方の方が客ウケが良いという、少々不公平な側面もあるのが事実です。

 

ただし東京都内などではここ10年で、ネイルだけを行うサロンの登録件数が約4倍にも伸びている事実があるので、高校生の方や大学生の方などで、早い年齢のうちにネイリストとしてネイルの資格を取得してネイルサロンで実務経験を積んでおく事がその後に生きてきます。

 

とその後のサロン移籍にしても独立にしても、または有名人の顧客を持つようなフリーランスのカリスマネイリストとよばれるようなネイリストになるにしても“若いうちからの豊富な経験”は大きな武器となります。

 

もし将来的にネイリストとしてプロを目指して行くのなら、出来る限り若いうちにネイル資格は3級〜1級まで取得しておくのが良いでしょうね。

 

ただしネイルの資格取得を手伝ってくれるスクールも通信タイプや通学タイプ両方併せると、かなりの種類があるので、自分の置かれた現在の環境や熱意に合わせて最もベストな選択が出来るのが良いのは言うまでもありません。

 

一日も早くネイリストとしての独立を目指すなら早めに覚悟を決めてしっかりと勉強をして資格取得〜実務経験という道を歩むのが良いでしょう。
そういった意味ではネイルの通信講座というのはそういう将来を見据えてしっかりと決めたほうがいいようですよ。