ネイル資格検定の種類と合格まで|サロン就職も開業も有利になる資格

ネイル資格の検定の種類

ネイリストになること自体は、ネイルの資格は要りません。

 

つまり『自称ネイリスト』になるのは明日からでも自由にできるのですが、
実際にお客さんにネイルを施術してお金をもらう『プロのネイリスト』になるには、
ネイルサロンでの実務経験なども必須になってきます。

 

そのためには、ネイリスト資格が必要になってくるんですね。

 

また、自分でネイルサロンをオープンしたりするのには、自分自身もネイリストとしての技術を持っていた方が
お店の看板としてもお客さんに認めてもらいやすく、サロン開業もスムーズに行きやすいという利点があります。

 

ネイルサロン開業当初から、充分な資金があり、ネイリストを雇うことができるなら良いかも知れませんが
そういった事はなかなか難しいですよね。

 

そこで、充分な実績の代わりになるネイリスト資格を持っていることが自分自身でお客さんのネイルを施して
お店の評判を高めていくことの第一歩になるんですね。

ネイリスト資格の種類と合格までの道のり

ネイリスト資格は学科と技能試験の検定があります。

 

そして、技術レベルに応じて3段階のステップがあり、一段ずつステップアップして行かなければならない仕組みになっています。

 

まずはネイリスト資格の3級から取得を目指して勉強と練習をして行くことになります。

 

その後は、2級⇒1級という具合にステップアップして行くことができます。

 

その都度、毎回新しくネイルスクールに入り直すのは手間もお金もムダに掛かってしまうため
最初からネイリスト資格の1級が合格目標にするなどの“決め打ち”をして、
通信講座やスクールを選ぶようにしましょう。

 

通信講座にもスクールにも、2級資格までの範囲が勉強できるとか、3級までが学べるなどの
コースごとに分けられた種類があります。

 

当然ですが、1級資格取得までの道のりすべてがカバーできるコースが一番お金が掛かります。
その反対に3級のみの取得を目指す場合は数万円で収まるコースもあります。

 

こういった複数の選択肢の中から“自分の将来の理想像”を実現するための資格が取得できる講座を選びましょう。

 

どちらも資格を発給しています。どちらで合格してもプロネイリストとして活動が出来ます。

 

より一般的なのはJNECの方で、こちらは3級、2級、1級という具合で段階的な資格が検定合格者に与えられます。

 

最近増えて行く傾向が強いのがジェルネイルの資格ですが、こちらはジェルネイルの資格検定が初級、中級、上級とあります。

 

どちらの資格・検定も飛び級で受験する事は出来ないので、それぞれ順を追って進級して行く形となります。

 

これらの検定を受験するには義務教育終了が最低条件になりますが、JNA、INAともに認定しているネイルスクールがあり、そちらでは通信、通学式どちらでもネイリスト検定受験の合格に必要な知識・技術を学ぶことが出来ます。

 

それらネイルスクールの中には、検定合格まで個別指導を保証する形を取っているものもあります。

 

ちなみに検定自体は技術・筆記共に80点以上のマークする事が合格の条件となります。

 

試験は3級が年に3回、1・2級が共に年2回開催されています。大体の目安としてJNEC主管のネイリスト検定を3級〜1級まで全て取るには最短距離で1年半という事になりますね。