ネイルの仕事につくために資格について知っておきたいこと

ネイルの仕事は資格は必ずしも必要ではありません。最も必要とされるものは技術です。

 

ですが、自分の自信にもつながったり、就職や個人で営業する場合にはとても強いものとなります。

 

独学での勉強で資格取得するのはやはり難しく、通信教育よりは実際にスクールに通って技術を習得する方が確実です。

 

ネイルの資格を取得するのに知っておきたいことは、どの資格でもそうですが段階を経て知識や技術を「級」という形で表現します。

 

JNEC(公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター)主管の「ネイリスト技能検定」と
I-NAIL-A(NPO法人インターナショナルネイルアソシエイション)が開催している「ネイルスペシャリスト技能検定」があります。

 

ネイリスト技能検定は、日本ネイリスト協会が主催している日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が主管しています。

 

3級はネイリストの基礎を中心に学びますが、2級はサロンなどでお客様に提供できる技術があると認められます。
1級はトップレベルの技術が必要となり、きれいに仕上がると同時にセンスなども試されます。

 

ネイルスペシャリスト技能検定は、初心者を対象にしたものと、プロを対象としている試験があります。

 

A級は初心者を対象にしており、基礎知識や初歩的な技術を試されます。
PA/AA/AAA級はプロを対象とした検定です。学科試験と実務試験が行われ、それぞれに合格するために必要な点数があります。

 

点数条件を満たしたものが合格者となります。