ネイルの資格を取得するのに必要な期間はどのくらい?

ネイリストのなるために必要な資格は日本ネイリスト協会という機関が定めている検定をクリアしなければなりません。

 

資格の種類は全部で7種類です。そのうち実際にネイリストとして活動するために必要な資格はJNECネイリスト技能検定試験の3級〜1級までです。

 

その他にもジェルネイル技能検定試験の初級・中級・上級があります。そしてもう一つが認定講師資格試験というものです。

 

ジェルネイルの方はこれから主流になるであろうジェルネイル専用の資格で、認定講師資格試験はネイリスト協会で講師を務めるのに必要な先生になるための資格です。

 

もちろんすべてを持っている事に越したことはありませんが、実務経験をサロンで摘むためやネイリストとしての活動に直接必要な資格はJNECネイリスト技能検定試験の3級〜1級です。

 

これらの試験は飛び級で受験する事は出来ませんので、1級づつ進級しながら取得する以外に方法はありません。

 

スクールでの技能試験や筆記検定などすべてをクリアして進級しながら1級まで取得し終えるまでに最速で1年半の期間が掛ります。

 

しかし1年半と云うのはあくまで最速で、1回も資格検定の落ちることなく進級した場合の期間です。

 

ネイリスト協会の資格認定試験は80点以上の点数を取る事が合格の条件なので、それをクリアしない限りは何回でも受け直しという事になります。

 

ただし真剣な熱意をもってネイリストになる!という決意で臨めば、決して難しくない検定と言えるでしょう。

 

何故ならば国家試験と違って基本的に業界を繁栄させるために合格者が、ある一定レベルの技術レベルと一般常識を身に付けていて合格するレベルにあるかどうか見る事が目的の試験であり落とすための試験ではないからです。
ネイルの通信講座がこういったことに役に立ってくれるはずです。