ネイル資格の通信講座で1級資格は取得出来る?

ネイルの資格が自宅にいながら自分のスケジュールに合わせて取ることが出来るのが通信講座の最大のメリットです。

 

その一方で自分のペースで学べる通信で1級のネイリスト資格は取得出来るのかという不安もありますよね。

 

結論からいうと、ネイル資格の1級を通信講座で取得するためのコースもあるため取得することは可能です。

 

しかしながら、ネイル資格1級の取得を目指す方は、すでに2級以下の資格を取得しているということです。

 

多くのネイルサロンが2級以上の資格を持っていれば、ネイリストとして就職できるため
1級資格取得を目指す方は、ネイルサロンで実務経験を積んでいる方がほとんどです。

 

実際にお客様を相手にネイルの施術を行なう経験を積みながら勤務時間が終わった後に
勉強と練習を行って資格取得を目指す方が多く、実務経験と先輩からのアドバイスももらえるなどのメリットを考えると
通信講座よりも、ネイルサロンに就職した方がより『内容の濃い経験』を得られると言えます。

 

当然ながら、その方が資格取得の上でも有利に働きます。

 

そのため、1級資格取得を目指す方は、2級資格を取得した時点でネイルサロンに就職して
その後の経験を積みながらと考える方が多いんですね。

 

卒業者数18,000人のうち12,000がネイル資格の取得に成功している通信講座の人気No1の「たのまな・ヒューマンアカデミー」でもネイリスト検定3級と2級までは合格保証も付いてきますが、最後のネイリスト検定1級に関しては通学となります。

 

ですが、一つだけ安心していただきたいのが、ネイリストとして就職してその後の活躍まで視野に入れて考えた場合、2級資格を取得してからサロンに就職して実務経験を積んだ方が、最終目標のネイリストとしての活躍には最短距離と言えます。

 

通信にしても通学にしてもネイリストの資格は2級までを取得して、すぐにネイルサロンで実務経験を積んでからスケジュールの合間をみて1級検定合格のために通学講座に通うか、そのまま実務経験+筆記試験対策をして1級資格の取得を目指す方もいます。

 

どちらが良いとは一概に言えるものではないので、その時点で考えるのがいちばん良い選択肢でしょう。

 

もし、あなたがネイリスト2級資格でサロンに就職したら、案外早く固定のお客様が支持してくれるネイリストになれるかも知れないので、絶対に1級資格を取るまでサロンに就職しないと決めてしまうのは可能性を自分で捨ててしまうことにもなってしまうかも知れません。

 

もちろん、就職にしてもその後の活躍にしてもネイリストの1級資格は便利である事は事実ですが、自分自身を着実に成長させるためにも、何がなんでも1級資格を取ってからじゃないとネイリストとしてダメというこだわりは捨てた方が良いですよ。^^