好きを仕事にするネイリストの年収は?

ネイリストの年収は大体平均すると、およそ300万円〜400万円の間くらいに落ち着きます。

 

ただしこれには、まだ3級資格を取得したばかりの見習いの新人さんのお給料やすでに1級ネイリスト資格を持っているネイリストさん、さらに認定講師やネイル衛生管理士さんの年収もすべて平均で入っている総合平均の年収になります。

 

ネイリストになったと言っても、それはネイリストとしての人生のスタート地点に立ったに過ぎません。

 

始めは3級資格で見習いのお手伝いさんレベルから始めて、少しずつキャリアや経験を磨いて行って、同時に資格もレベルアップして行って、もらえるお給料も増やして行かなければなりません。

 

つまり、ネイリストとして『好きを仕事にしてしっかり稼ぐ』には、1級ネイリスト資格までは最低でも取得する必要があると言えます。

 

当然と言えば当然ですが、お客様から指名されるくらいの人気と信頼がある『看板ネイリストさん』になれれば年収も増えて行きますが、そうでない見習いさんなどは、最低賃金の時給800円〜850円くらいのお給料で働くのが当たり前になるからです。

 

また、ネイリストとしての資格やキャリアをレベルアップすると同時に、他のアロマセラピストやアイメイクのアイリストなどの資格も取得して『ネイルサロンだけではなく美容室や高級エステなどでも働けるように備える』という事も長い人生の中では考えなければならない可能性もあります。

 

というのは、資格取得後にいちばん最初に就職したネイルサロンがお店としてやって行けなくなるという可能性もあり、そうなると転職先が見つからないといった事になるかも知れないからです。

 

たとえ就職先がネイリスト専門のネイルサロンでなくてもアロマセラピストやアイリストなど女性の『オシャレや癒しに関わる資格』を持っている事で、自分を『より高く売り込む』ことも出来るからです。

 

また、資格と実践経験がたくさんあり、自分を指名してくれるくらいのネイリストになれば、そういったお客さんの中から、独立資金を貸してくれたり、そういった金融機関を紹介してくれる人とつながる事も出来るかも知れません。

 

こういった可能性も考えて、現状の資格取得に満足せずに『常に自分を磨き続ける努力』が大切になってくるんですね。

 

また、とりあえずネイリストとしての人生の入口に立つ決意があるなら、ある程度の実務経験を積ませてくれる、ネイルサロン併設スクール(クラスタイル)などのスクールに通う方が良いという選択肢にたどり着くかもしれません。

 

とにかく、ネイリスト資格だけに満足すると、先が見えなくなってくる可能性も考えて、より研鑽を積むことと、少しでも有利な条件で自分を売り込めるようにしましょうね。