ネイリストになるためには、特に資格が必須とされてはいませんが、ネイルサロンを始める場合には、資格を持っていると有利です。
資格をとるためのスクールなどもありますので、事前に通い、資格を得ておくことをオススメします。

 

ネイルサロンを実際に始める方法としては、比較的場所をとらずにオープンすることができるため、自宅などでも可能なのがポイントとなっています。
高額な家賃のかかる場所などでなくても始められるので、おすすめです。

 

必要な道具を揃えるためには、一般的には10万円から15万円ほどですから他の事業に比べればかなりの低コストで出来るといえます。
施術を行う際のテーブルや、椅子、施術を行う際に使用するライトや、ネイルケア用品、ジェル用品、ネイルアート用品などがあります。

 

また、集客を行う際には、ホームページやブログなどを開設することが大切です。
金額の設定は、少し高めに設定をしておくことがコツとなっています。

 

デフォルトの設定を低くしてしまうと、キャンペーンなどを行う際に、割り引くことがむずかしくなるためです。

 

ジェルネイルを行う場合には、ジェルネイルの検定試験もありますので、合わせて取得しておくことをおすすめします。
ネイルの資格は、1級から3級まであり、1級はプロ級のプロとして活動している方が多くいます。

 

さらにネイル関連の備品を販売するという方法もあります。ちょっとしたストーン類やグリッターなどは、セルフネイルをされない方でも
店内に置いておくだけでお客様の関心を集めるきっかけにもなりますし「これを使って施術してください。」というような注文にも繋がるでしょう。

 

ただし、基本的にはリピーターの獲得がいちばん重要な日々の仕事になる事は認識しておく必要があります。
これは、あなたが将来開店するお店の立地条件など、様々な要件が絡んでくるものなので丁寧に考える必要があります。
ですが、あまり難しく考えてしまうとせっかくの希望した仕事を楽しくないものにしてしまう可能性もあるので、
基本的にはお客様と仲良くなって一緒にネイルも含めたおしゃれを楽しむという感覚で仕事に取り組むのが良いでしょう。