サロンで働く為に求められるネイルの資格の内容と意味について

ネイル資格サロン

ネイルには美容師や理容師のように国家資格はなく、基本資格がなくてもネイルを人に施すことはできます。
個人で行っている小さいサロンであれば対応する客数も少ないことから、資格や経験がなくても就職ができるところもあります。

 

しかし、一般のサロンの場合は、美容院のようにアシスタント仕事はなく、即戦力を求められるケースがほとんどです。
その際に、資格はあったほうがよいです。

資格の種類とそれぞれ求めらる技術と知識

ネイルの資格には、いくつかありますがもっとも有名なものは、
一般財団法人日本ネイリスト検定試験が主催しているネイリスト技能検定試験です。

 

この試験は1級から3級まであり、1級はネイリストとしてトップレベルの技術をもっていることを
証明できるクラスの資格で、海外で独立しているカリスマネイリストと同等の技量を持っている事を示します。

 

2級はサロンで実際に働く際に必要な知識と技術を証明する資格です。
一般的にはプロとしてお客様の爪にアートを施す事が出来る資格という事になりますね。

 

3級はネイルの基本的な知識と技術を証明します。基本的な施術台のテーブルセッティング、
ネイルケアに必要な知識、技術を備えている事が証明できる資格といったところです。

 

ネイリスト検定の3級〜1級の、どの実技試験と筆記試験が両方あります。

 

ネイリストとして就職する場合は、ネイリスト検定2級はもっていたほうがよいです。
2級の試験を受けるときは、3級取得していることが条件になっています。
同様に1級も2級までの有資格者である事が受験の条件です。

サロンで求められる資格の条件とネイリストが憧れの対象になる理由

ネイルサロン就職資格

就職先によっては、1級を取得している人のみを採用しているお店もあります。
例えばお店の看板に「1級ネイリストが施術するお店です。」などの信頼と技術をセールスポイントにして他店との差別化を図っているんですね。

 

ただしネイル業界では、お店での実務経験を一番重視します。これはお客様がネイルアートの技術の高さは当然として、その上でサロンでネイリストさんの接客による“癒し”を求めているところが大きいからです。
施術が終わった時点で、お客様にいい気分になって帰って頂いて「また来たい。」と思ってもらえるかどうかが重要なポイントになるからです。

 

美容院などと違ってアシスタント的な業務がなく、ネイリスト一人一人にファンとして固定客が付くイメージですね。
しっかりとしたプロネイリストさんであればあるほど楽しそうに働いている、いきいきとした姿が颯爽として見えてネイリストさんが憧れられるようになる所以と言えるでしょう。