ネイリストになるには絶対に資格がないとダメなの?

ネイリストになるには、絶対に資格がないとダメなのかというとそうではありません。

 

ネイリスト資格は、ネイルサロンのオーナーである経営者達が話し合って作ったもので、国家資格ではないからです。

 

なぜ、資格制度が必要だったのかというと、サロンがネイリストと名乗っている人をスタッフとして採用する時に
一定レベルの技術や知識を持っている事が、資格を持っている時点で証明書になるからです。

 

ネイリスト資格は、大きく分けて2つのグループがあります。

  • ネイリスト検定3級・2級・1級
  • ジェルネイル検定初級・中級・上級

という大きなグループで区切ると二つ。
そして、技術や知識の習熟度や幅の広さという意味で、それぞれ3段階にクラス分けがされています。

 

実際にネイルサロンで、就職した日から『お店にとっての即戦力』として、お客様のネイルアートやケア、接客を任せてもらうにはネイリスト資格の2級が必要と言われています。

 

繰り返しになりますが、ネイリストになる為に、有効な資格というのは存在しますが、ネイリストの仕事を始める為に必ず必要になるものは存在しません。

 

ネイリストというのは、国家資格が必要な仕事ではない為、本人が、ネイリストですと宣言をすれば、その時点からネイリストになる事が可能です。

 

ですが、それが本当にネイルの仕事に結びつくかはまた別の問題です。

 

実際に、ネイルサロン等で働きたいと考えた場合、ネイルに関する知識や基本的な技術は必要となってきます。

 

例えば、ネイルアートの技術が素晴らしいものを持っていたとしても、ネイルサロンに訪れるお客様の中には、ネイルケアを目的に来店される方もいるからです。

 

実際にJNAのネイリスト資格の項目にもネイルケアは重要なものとして位置づけられていますし、ネイリスト資格とは別に衛生管理資格もJNAの資格の中には存在しています。

 

その為、求人の際の条件に、すぐに働けるレベルの資格が必須となっているサロンも珍しくありません。

 

ただ、何が必要とされるかは、サロンによって変わる為、働きたいサロンがあるのであれば、あらかじめその応募条件を確認しておくと良いですね。

 

サロンで働くのではなく、個人で経営をするという場合であっても、資格というのは取得しておいて損はありません。

 

個人経営のサロンを開く上で、必ず必要なものではありませんが、取得をしておけば、知識と技術の証明になり、お客様に安心感を与える事に繋がります。

 

ネイリストになりたいと考えた場合、必ず資格が必要になる訳ではありません。

 

ですが、持っていると知識と技術の証明になるので、可能であれば取得をしておく事をおすすめします。