ネイリストの資格とその種類について

すぐれたネイリストを証明することができる資格として、ネイル検定試験があります。

 

一般財団法人に本ネイリスト検定試験センターが主催をしているネイリスト技能検定試験が一般的な試験となっています。
この試験は、1級から3級に分かれており、1級は国際ライセンスと同等のレベルとされています。

 

ネイルの技術はもちろんのこと、理論の理解も十分で、サロンでプロとして活躍できるレベルであることをさします。
2級は、サロンに入り、働くことができるレベルとなっており、
アート、ラップ、チップ、ケア、などをサロンワークとして実践できることが合格の基準となっています。

 

3級は初級レベルとなっており、ケアの手順を行うことができることで合格資格を得ます。
ジェルネイルの普及から、JNAジェルネイル技能検定試験という試験も始まっており、初級から上級までに分かれています。

 

ネイリストになるには、資格が必須というわけではありませんが、実際に仕事にする場合などには、資格が役に立つことが多くあります。
多くの種類の資格をとる必要はありませんが、サロンで働くためには技術も必要になってきます。

 

サポートしてくれる機関としては、ネイルスクールが存在していますが、スクールに通う事が時間やお金の面で難しいという方には2級試験合格まで導いてくれる通信講座もありますから便利です。