おしゃれなネイリストの就職率

まるで爪をキャンバスにしたアートのように、美しく華やかに演出してくれるネイルは、特に若い女性の間で人気の高い、爪のオシャレです。

 

年々人気が増していることもあり、巷にはたくさんのネイルサロンが存在します。

 

ちなみに、ここ10年間で、東京都内だけに絞って見ても、ネイルサロンの数は10倍近い伸びを示しています。

 

この中には、ネイルクイックなどの有名店や個人で開業しているホームサロンも含まれるので、規模もまちまちでネイリスト資格を取得してもすべてのネイルサロンが就職対象になるわけではありませんが、これほどの件数の伸びがあるという事はネイリスト資格を取得する事で『“好きなこと”を仕事に出来る』メリットが選べるという事です。

 

それだけの需要の高さから、ネイリストとしての、就職や転職を希望する学生や女性が増えています。

 

しかし、需要があるとはいえ、ネイリストになることを希望する人が多いですから、就職率の高い勉強方法を行うことが大切となります。

 

ネイリストになるには、断然、資格をとった方のが就職率が高まりますね。

 

資格をとるためには独学、通信講座、専門学校に通う方法がありますが、独学はかなり厳しい道となりますので、あまりお勧めしません。

 

通信講座は自宅での勉強が主なため、ネイルの技術に関する指導を直接講師から受ける機会がないのが、ネックとなります。

 

専門学校ならば、直接講師から指導を受けたり、質問をする機会が多いので、一番お勧めのできる方法です。

 

また、ネイルサロンが専門学校を運営しているケースもよくあり、
そのような学校に通えば、資格をとったあとに学校と繋がりのあるネイルサロンへ就職が決まりやすいという、恩恵を受けることが可能です。