短期間でジェルネイル資格を取得するコツはある?

このページでは、ジェルネイルのんネイリスト資格を短期間でとることができるのかをご紹介しています。

 

実際に、ネイルスクールや通信講座では、半年間の勉強と練習期間が設けられています。

 

そして、ジェルネイル資格を発行している団体も試験の開催ペースが半年に1回程度となっているため
ジェルネイル検定のスケジュールを把握しておいて、
そこに目標を定めて練習や勉強のペースセッターとして活かして行くことも大切です。

 

その上で、効率よく技術と知識を身に着けて行けば、
毎回半年ごとに行われるジェルネイル試験のたびに1クラス上の資格を取得するということも夢ではありません。

 

しかしながら、実際に検定に合格して資格取得ができるのかというと個人差が出てきます。

 

基本的に平均すると、ジェルネイルの初級資格は、練習と勉強のカリキュラムを順調にこなして行けば
前述の半年間の学習期間で取得することができるといわれているんです。

 

現在、ネイルの中でも人気が高いのがジェルネイルですから、将来的に自分の手に自慢できる職をつけておくためにジェルネイル資格を取得しようとする方が増えているんですよ。

 

これはある調査でも以前はポリッシュ(マニキュア)中心だった年代の方も、ジェルネイルのメリットを考えてやられている表れでもあるんですね。

 

それと同時にネイルに関する専門学校やスクール、通信講座でも高い人気を誇ります。

 

ネイルアートというのは、ジェルネイルに限らず、国家資格は存在しません。

 

ですから、資格がなくても働く事は可能です。

 

ただ、実際にネイルサロンの採用試験を受ける場合、そして自宅でサロンを開業する場合でも、資格はしっかりとした技術の証明となるので、可能ならば取得しておいて損はありません。

 

そんなジェルネイルの資格の特徴は、飛び級ができないという事です。

 

取得をしたいと考えたら、まず初級を取得し、その後に上級と、順番に取得をしていく事になります。

 

1級から3級に分かれている場合も、まず3級から順番に取得をしていく事になります。

 

最初の資格は、義務教育を終了した人であれば、誰でも受験出来る事が一般的で、勉強を始めたばかりでも、自信があれば受験をする事は可能で、試験実地日と勉強のタイミングが合えば、短期間での取得も可能です。

 

ただ、その先の試験は、検定が行われるペースに左右される事になります。

 

また、ジェルネイル検定だけではありませんが、実際に受験してから合格発表までに約2ヶ月間の時間が掛かります。

 

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡などの政令指定都市にあるネイリスト協会の施設、
もしくは前述の都市にあるJNA認定校の教室などで開催されます。

 

日本全国の様々な試験会場から試験結果が送られてくる上に、毎年受験人数が増えて行っているため
合格か不合格なのかを判定するのにも時間が掛かってしまうんだそうです。

 

合格して、正式なディプロマ(認定証)が発行されるのは、合格発表と同時に発送されるため、
合格発表を確認する頃にはすでに認定証を受け取っているということもあります。