ネイルアーティストになるには資格は必要?

ネイルアーティストになるためには資格は持っていなくても大丈夫です。

 

もちろん、人知れずたくさん練習をして優れた技術を持っていなければならない事は間違いありません。

 

ですが、人気のネイルアーティストになるためには、お客様の爪で実践経験を積むことが大切です。

 

ネイルアーティストになるには、お客様という『厳しい目を持った赤の他人』を満足、または感動させるほどの技術や接客が大切だからです。

 

ネイリストとしてネイルサロンに就職するために絶対にネイルの資格が必要と言うわけではありません。

 

実際に友人などにサービスでネイルを施しているうちに自動的に上達して技術も知識も付き、ネイリストになってから資格を取ったという方もいるのです。

 

そういった経験もすべて自信につながる事は間違いのないことです。

 

ですが、最終的にネイルアーティストとして活躍しようと思ったら、やはりしっかりとした基礎を学んだ方が、より高みを目指す事が出来ることは間違いありません。

 

しかし、まったく知らないお客様として訪れる方に対してネイルアートを施術するためには信用を形に出来るものとしてネイル資格があると良い評価が得やすいという事もあります。

 

ただし、爪に対しての専門知識と言ったような公益にかなう専門分野に関しては勉強が必要な事は間違いないでしょう。

 

実際にお客様の中には、美しいネイルアートを施してもらうためではなく、基本的なネイルケアを確実に行うためにプロのネイリストを頼ってこられる方もいます。

 

そういった方に満足してもらう事も大切な集客の要素である事はまちがいのない事実です。

 

ネイルの資格は、技術や知識のレベルに応じたクラスや級という形で区分わけされている事はご存知のとおりです。

 

それらの級が下のクラスからひとつずつ上がって行かなければならないシステムになっており、素晴らしい技術と知識を持っていたとしても飛び級で資格を取得する事は出来ません。

 

ネイルアートの技術的な面が問われる実技検定には、キレイな仕上がりである事はもちろん、センス、さらにはある程度のスピードも求められます。

 

お客様と仲よくなって、次にその方が来店された時に指名をもらえるようにする事もネイルサロン経営者の側からすると即戦力として必要な部分となる事はネイルの資格を取る前に仕事として知っておく必要があるかも知れません。