ネイリスト養成スクールに通うメリット・デメリットを考えてみよう。

ネイリストになるためには様々な方法がありますが、中でも最もポピュラーなのは「ネイリスト養成スクール」に通って資格取得を目指す方法です。

 

ネイリスト養成スクールとは、ネイリストとしての知識と技術の習得とともに、認定資格の取得を目指す専門学校のことですが、
こうしたスクールに通って資格を取得する場合には、事前にそのメリットとデメリットを十分に把握して自分に向いているかを検討することが大切です。

 

まず、スクールを利用するメリットは、ネイルに関する豊富な知識・技術を持つ講師の指導を受けられることです。

 

テキストやビデオを見て独学するよりも、スクールで講師の講義を受けたほうが印象に残りますし、わからない点があった場合でもすぐに質問して疑問を解消できます。

 

こうした事の積み重ねが効率良く知識や技術を習得することができる事につながります。

 

また、ひとりで学んでいると途中で挫折しがちですが、スクールならば、同じ夢を持った仲間と一緒に学べるので、モチベーションを維持しやすく、
仲間に練習台になってもらえば実践的な練習も多くできるので、技術習得もスムーズに行きやすいのもメリットといえます。

 

これに対して、スクールは決まった日時に1?2年程度という長い期間通う必要があり、学費などの費用も卒業まで100万円を超える場合がほとんどなので、時間や費用に制約がある方には通いにくいといデメリットがあります。

 

なお、提携するネイルサロンや卒業生の経営するネイルサロンへの就職支援、ネイリストの認定資格取得の支援などの手厚いサポートをしてくれる養成スクールもあるので、卒業後にプロとしてすぐに活躍したい方はこうしたスクールを通うことをお勧めします。